うちは相続争いが起きるほど財産ないから。。大丈夫。

なんてお考えじゃないですか?

司法統計によると相続争いが発生するのは決してお金持ちとは言えない家庭が実に7割も占めるデータがあります。
また、たとえ相続税が発生しない財産状況であっても「揉める相続」である「争続」が発生してしまうことは少なくありません。

よく言われる「争続」が起きる理由

・親の財産をそもそもアテにしている

親が所有している財産状況が分かってくると、それをアテにする子(兄弟姉妹)は金額の多寡は関係なく、数百万の相続であってもいがみ合ってしまうことがあります。長男が家を守っていくという戦前の「家督制度」の下では、考えられなかったような相続問題が核家族化により顕著になっている現状があります。

・不公平感からくる不満

核家族化、人口の都市部集中により、現代の家族状況は非常に様々な形で十人十色の家庭環境が存在しています。
親の近くに住む人もいれば、遠方で過ごす人もいるし、上京して年に1.2度しか帰省できない家庭もあれば、親と同居して介護まで行う家庭もあります。
これらの状況が兄弟姉妹の中であった場合で、いざ相続のときが訪れたら。

残された子供たちが、相続財産を仲良くキッチリ均等に分けることが出来て、不満が生まれなければ何の問題もありません。

しかし、その「均等」という状況さえ、当事者である子供たちからすれば親の生前に受けていた恩恵の多寡によって、明確にしておくことが難しいでしょう。”アイツは習い事もたくさんやって私立に行っていた”、”そういえばアイツだけ新車を買ってもらってたな”、”いや、こっちは親の介護で大変だったんだ”、”うちは子供が3人もいるんだから・・・”等々。

相続で揉めない方法は?

生前から子を交え、具体的な土地や金額を提示したコミュニケーションをとっておくことが1番かもしれません。

ただ、それは現実的にはなかなか難しいかと思います。

そのため、現実的な手段として「遺言」があるのです。遺言書を残すことは既に常識になっている面もありますが、では何をどうやって書けばいいのかという壁にあたり、様々な情報を見聞きすればするほど億劫となってしまい、後回しになっていないでしょうか。

遺言書の作成サポートは行政書士にお任せください。行政書士は権利義務又は事実証明に関する書類作成のプロです。

料金

▼相続財産が3,600万円未満の場合

  • 自筆証書遺言の点検及び校正:15,000円~
  • 公正証書遺言の作成サポート:120,000円~
  • 公正証書遺言のご夫婦プラン:180,000円~

▼相続財産が3,600万円以上の場合

  • 自筆証書遺言の点検及び校正:30,000円~
  • 公正証書遺言の作成サポート:150,000円~
  • 公正証書遺言のご夫婦プラン:198,000円~

遺言書は公正証書によるものがおすすめです。

※公正証書遺言の作成サポートの料金には、証人1名が含まれています。
※公証人への手数料が別途必要となります。(約30,000円~)
※法務局及び市役所で必要になる法定費用などは実費のご負担をお願いします。

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-19:00
[事前連絡にて、平日早朝・夜間・土日祝もOK]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。