「離婚協議書」とは、離婚後の約束事を書面にしたものとなりますが、公正証書で作成することが一般的です。

なぜなら、公正証書にしておくと離婚の際に取り決めた約束事を国による力で強制執行することが出来るからです。

離婚の意志が合意されたからといって、一日も早く離婚届を提出するのではなく、大事なポイントだけでもお互い十分話し合ってから「離婚虚偽書」を作成することをお勧めします。

最低限協議しておくポイント

  • 親権や養育費
  • 慰謝料の有無
  • 財産分与
  • 子供との面談方法
  • 養育費が不払いとなった場合の対応・・・etc

他にも上げればキリがありませんが、子供の為にも決めるべきことを決めてから離婚しなければなりません。当然ながら離婚してもその後の人生はそれぞれ続きます。

行政書士としての法律知識をフルに活かし、入念なヒアリングを行いお客様にご満足いただける離婚協議書を作成させていただきます。

料金

  • 離婚協議書作成サポート(面談なし)  15,000円~
  • 公正証書による離婚協議書  60,000円~

 

 

お気軽にお問い合わせください。03-6450-3286受付時間 9:00-19:00
[事前連絡にて、平日早朝・夜間・土日祝もOK]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。